ENGLISH
JAPANESE

個人投資家の皆様へ

モリトを読み解く

創業の時代

1908(明治41)年 仲買商を開業
創業者森藤寿吉が大阪市西区靭町の山野カバン店の店頭を借りて、ハトメ・ホックの仲買商を開業。
1916(大正5)年 船場に店舗を開設
大阪商人憧れの地であった船場の北久太郎町に店舗を開設。1918(大正7)年頃より国産ゴム靴が開発され、付属品であるハトメ・ホック・靴紐の需要も急増。この頃には奉公人も増え、2代目社長山口篤一、3代目社長西谷忠雄ら、第1期幹部たちが徐々に顔を揃え始めていました。

戦時下の激動する社会を疾走

1932(昭和7)年 御堂筋に進出
順調に成長を続け、本社の現在地である御堂筋に進出。
1935(昭和10)年 株式会社森藤商店設立
「株式会社森藤商店」を発足。国内は北海道まで販路を拡大、さらに法人化と同時に「輸出部」と「仕入部」を設置し、海外取引を本格化。
1938(昭和13)年 海外への進出
当時の戦時下における軍需拡大から、安東市に「康和洋行」を設立。その後、軍靴の靴紐工場「康和工廠」、ハトメ販売を目的とした「京和商会」、奉天市ではハトメ・ホック工場の「友栄工廠」を設立。しかし、森藤寿吉の急逝と戦時の統制で国内営業を絶たれ、一時解散となります。

戦後の動乱期を超え、再生へ

1947(昭和22)年 再生への第一歩
山口篤一を社長とする「株式会社森藤商店」が再発足。翌年には、東京出張所を開設。
1949(昭和24)年 ヒット商品の誕生
515スナップ、日本初の本絹靴紐を開発・発表し、大ヒットを記録。その後、直営工場の森藤金属株式会社(現カネエム工業)・森藤製紐株式会社(現カネエム産業)設立、マジックテープ®販売など、日本経済の復興とともに怒涛の快進撃。

近代化への軌跡

1967(昭和42)年 再生20周年
戦後再発足20周年。この頃には従業員500人規模にまで成長を遂げ、もはや「船場の森藤商店」ではなく、企業としての体制を整えていく必要がありました。
1970(昭和45)年 企業基盤の強化
労務体制確立の推進を開始。この活動をもとに、コンピューターの導入、経営計画の制度化など、経営の近代化を図り、企業基盤の強化に注力。
1976(昭和51)年 社名改称
社名を「モリト株式会社」と改称。「森藤」の良い遺産を受け継ぎつつグローバルな専門商社への発展を視野に入れた社名改称でした。
1989(平成元)年 大阪証券取引所上場
大阪証券取引所第二部に上場。これにより、国内拠点の拡充だけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各地に拠点を拡げていく基盤が整いました。

新たな100年に向けて

1990(平成2)年 第1次中長期経営計画
将来の成長を目指していく羅針盤として、第1次中長期経営計画「Creation & Intelligence 21」を策定。その後、国内外の経済や市場の状況は激変し、多くの企業が淘汰される厳しい時代が続きます。
2004(平成16)年 「Action400」策定
第2次、第3次の中長期経営計画を経て、海外戦略やロジスティクス事業を推進。その後策定した第4次中期経営計画「Action400」では、抜本的な組織再編やシステム統合に着手しました。
2008(平成20)年 創立100周年
「先人の想いと共に 次の100年の夢に挑戦」。創業から100年を迎え、多くの歴史と想いを胸に、モリトは次の100年への新たなスタート地点に立ちました。
ページトップへ
当サイトではクッキーを使用しています。当サイトを継続して閲覧される場合、クッキーの使用に同意いただいたものとさせていただきます。
詳細については弊社のクッキーポリシーをご覧ください。
This page uses cookies. If you continue browsing our website, it is assumed that you agree to the use of cookies.
For more information, please see our cookie policy.
close
当サイトではクッキーを使用しています。当サイトを継続して閲覧される場合、クッキーの使用に同意いただいたものとさせていただきます。
詳細については弊社のクッキーポリシーをご覧ください。
This page uses cookies. If you continue browsing our website, it is assumed that you agree to the use of cookies.
For more information, please see our cookie policy.
close