事業を知る パーツを世界につなぐモリト

BUSINESS事業を知る

あなたはすでに、モリトを知っている?

1908年にハトメ・ホックの仲買商として開業し、2008年には創業100周年を迎えたモリト。アパレルから自動車や航空機まで、様々な「パーツ」の商品開発から企画提案、生産販売までを手掛ける専門商社です。靴や服に紐を通す穴についている金具の「ハトメ」、ダウンジャケットやカバンによく使われる留め具の「ホック」。今、あなたの服やカバンにも、そんなモリトのパーツたちが使われているかも知れません。

自らモノをつくる商社、モリトの底力とは?

国内販売シェアNo.1*

高シェアが信頼される仕事の証し

さまざまなパーツを取り扱うモリトは、抜群の製品力で「ハトメ・ホック、マジックテーブ®、靴の中敷き、自動車マットエンブレム、カメラ用アクセサリー」の5つの商品分野で国内市場No.1を誇っています※。また、ベビー向け金属ホックシェアでは世界No.2を誇るなど、国内外でお客様のあらゆるニーズに対応した“本物のモノづくり”を実践することが、高いシェアと、パーツのスペシャリストとしての信頼につながっているのです。
※(2014年2月現在 当社調べ)

取扱いパーツ総数約10万点

アイテムの数はチャレンジの数

アパレル事業とプロダクト事業の2つを柱に、ウェアやシューズからカメラ、自動車に鉄道関連、航空機まで多彩なパーツを扱うモリト。パーツの専門商社ならではの品揃えで、そのアイテム数は10万点を超え、今なお増え続けています。全てのパーツはニーズが形になったものであり、社員ひとり一人が商品開発に挑戦してきた努力の結晶そのもの。今後も、モノづくりへの真摯な姿勢を貫き、あらゆる分野に事業を拡大していきます。

海外子会社数 12社・8ヵ国

グローバルな視点で夢中になれる

1970年代初頭という早い時期からモリトは海外に進出、特にアパレル市場においては「KANE-M」ブランドとして非常に高い認知度を得ています。モリトが選ばれる理由は、各国の安心、安全、環境基準に対応する製品づくりを徹底してきたから。アジア、アメリカやヨーロッパに合わせて9つの拠点を持つ、グローバルな展開が強みです。まさに、世界中にビジネスチャンスがあります。ネットワークを活かし、海外ではもちろん、日本国内でもグローバルな働き方ができる会社です。

特許・意匠数 250件以上

メーカー機能を持つ商社

商品の仕入れや販売にとどまらず、特許や意匠など数多くの知的財産を取得。その積極的な姿勢は、商社でありながらメーカー的な「モノづくり機能」を併せ持つモリトならでは。商品そのものを、自ら考え、自ら創り出していく、ユーザーイン発想が基本であり、こだわりです。商品開発の段階から取り組む企画提案型だからこそ、社員それぞれの地道な研鑽に裏打ちされた自由な発想が、新たなビジネスチャンスに結びつくのです。

モリトの主要事業

モリトには「アパレル」「ODM」「フットウェア」「流通小売」「輸送機器」の5つの事業分野が存在し、生活に携わるパーツや製品を、幅広く世界的に販売しています。

ENTRY

パーツのその先へ、未来は自由だ。

モリトはパーツで世界中を支えてきた商社。
でも、それだけではなく様々な商品を生み出してきました。
未知の分野にも着目し、発想と努力で市場を変える。
今あるものを突き詰め、組み合わせ、新しい発見にたどりつく。
そこには、かつて誰も気にしなかった「ハトメ」に
目を留めた創業者と同じ、根強さとパイオニア精神が息づいているのです。

会社のパーツになりたくない、そんなあなたの熱い思いが、
きっと新たな可能性を切り拓く。
自ら考え抜き、行動できる大きな舞台で、
人を、モノを、世界をつなぐ力になって欲しい。

次のモリトが、あなたとともに、はじまります。